日本で日常的に使われているフランス語の単語|実際の意味や用法の違いに注意

日本で使われているフランス語の単語の絵

日本語には、海外からもたらされた単語をそのままカタカナにして使うことができるという、特殊で便利な機能があります。

外国の言葉を、日本語に訳すことなく、そのままできるだけ近い発音のカタカナに置き換えて使っているので、実際には英語だったりフランス語だったり、はたまたドイツ語だったり・・・という単語を「外国語だ」と意識しないで使えるんですね。これはすごいことだと思います。

最近ではこの「その土地の名詞をそのまま使う」傾向が世界的にも広まっているように思います。
フランスでも例えば「Nashi(梨)」「Wasabi(わさび)」「Tofu(豆腐)」「「Tatami(畳)」などは普通に生活の中で使われていて、「Tatami(畳)」に至っては「Tatamiser(タタミゼ)」という動詞の造語まで作られています(和風の生活をするという意味)。

というわけで、日本でも生活の中で意識していないけれど実はフランス語、という単語や、その実際の意味や使い方がフランスでは違ったりする例、語源などをご紹介します!

1.クロワッサン

クロワッサン、言わずと知れたパンの名前です。
フランス語で書くと「Croissant」で、フランス語の「r」は実際には日本語のラリルレロのようにはっきりと発音をしないため、「コワッサン」みたいな感じで発音します。

クロワッサンの元々の意味は、「三日月」。パンだけでなく、三日月型の形をしたものをクロワッサンと表現しますが、今はフランスでも逆に「(パンの)クロワッサン型の月だね〜」なんて風に使われているかもしれません。

それほどパンのクロワッサンはフランス人の生活に浸透しています。

男性名詞なので、「クロワッサン1つ」は「an croissant(アン コワッサン)」となります。

ちなみに、クロワッサンのようなバターが多くて軽いパンは、フランスでは「パン」ではなく「ヴィエノワズリ(菓子パン)」と言います。

フランスの人に、「私、フランスのパンが好きなんです、クロワッサンとか」と言うと、ちょっと「?」という顔をされるかもしれません。

フランスで「パン」といえばバゲットなどハードな食事パンを指すのが一般的です。

2.バゲット

クロワッサンと同じくらいメジャーな名称のバゲット、以前は「フランスパン」と呼ばれることも多かったですが、最近はパン屋さんではほとんど「バゲット」の名前で売られていますよね。

「Baguette(バゲット)」は細長くて固いパンで、フランスでも最も一般的に食事パンとして親しまれているパンです。

女性形の名詞なので、「バゲット1本」は「une baguette(ユヌ バゲット)」となります。発音はほとんど日本で使われているカタカナ表記と変わりません。

このバゲット、複数形で「Baguettes(バゲット)」となると、「お箸」という意味になります。

レストランで「バゲットをください」と言うと、前につく冠詞(単数か複数か、数えられるものかどうかなどを表す)に注意しないと、パンが欲しいのにお箸を渡される、ということもあるので注意が必要。

ちなみに、パンやお箸以外でも、フレームをかたどる細い棒などもバゲットと呼ばれることがあります。

3.カフェオレ

これも日本人には馴染みの深い、カフェオレ。
コーヒーに牛乳を加えた飲み物ですよね。

フランス語で書くと「Café au lait」、牛乳味のコーヒーという感じの意味になります。

発音も「カフェオレ」で問題ないし、フランスのカフェで注文できそう・・・!と思ったらところがどっこい、この「カフェオレ」という飲み物はフランスでは一般的ではありません

同じように温めた牛乳を加えたコーヒーが飲みたい時には、「Café crème(カフェ・クレーム)」を注文すると日本でいうカフェオレ(カプチーノのように泡立っている場合も)が出てきます。

でもこの「Café crème(カフェ・クレーム)」、「r」の発音がちょっと日本人には難しいせいで、さらっと言えるまでに時間がかかる上に、カフェで注文すると結構なお値段するので、慣れるまでは「Café noisette(カフェ・ノワゼット)」と言ってみましょう。

フランスで「カフェ」を注文すると、日本で飲むような大きなカップではなく、小さなエスプレッソカップにちょっとだけ注がれてやってきます。

その小さなエスプレッソカップに入ったコーヒー(café)に、牛乳をちょっと足したものが「Café noisette(カフェ・ノワゼット)」、ヘーゼルナッツ色のコーヒーという意味です。
量としては物足りないかも知れませんが・・・、普通のフランス人でも大きな「Café crème(カフェ・クレーム)」を飲む人もそんなに居ないので、ノワゼットの方がよりフランスっぽいとも言えます。

4.シュミーズ、パンタロン、キュロットなど

シュミーズ、パンタロン、キュロット・・・、日本ではもうあまり使わなくなってしまった、「昔の服の呼び方」的な単語たちですが、フランスではれっきとした現役の単語で、今でも普通に使われています。

ただ、日本語で使われているのとはちょっと意味が違うので注意。

シュミーズ

日本では、女性が着る下着、お尻まで隠れるスカート状になったキャミソールみたいなものを指していたかと思います。

フランス語では「chemise(シュミーズ)」、一般的な開襟シャツを指す言葉です。
男性が着るワイシャツも、女性が羽織るシャツも、いわゆる「Tシャツ」でないシャツはシュミーズって感じです。
(ちなみにTシャツはフランスでもT-shirtと言います)

パンタロン

パンタロンも、日本では80年代くらいに流行ったスタイルのパンツ、というイメージで、今は使いませんよね。

でもフランスでは「Pantalon(パンタロン)」は普通に一般的なパンツ(ズボン)を指す言葉です。

ジーンズのことは「jean(ジーン)」と呼び、それ以外の布や革でできたパンツはパンタロン。なぜ日本だけ固定的なイメージのパンツに使われていたのか謎ですね。

キュロット

子供の時に、スカートみたいだけど足のところが別れた、今でいう「ガウチョパンツ」みたいな服を「キュロット」と呼んでいました。

フランス語の「Culotte(キュロット)」は、古くはルイ16世など昔の男性貴族が身につけていたパンツ(ズボン)を指していましたが、現在では女性用下着のショーツの意味で使われています。

ポシェット

これも、最近はあんまり使わない言葉でしょうか・・・、肩からぶら下げる小さなショルダーバッグ、特に小さな女の子が斜めがけにして持っているイメージですよね。

フランス語の「Pochette(ポシェット)」は、男性のスーツの胸の部分にあるポケットのことで、主にハンカチや時に花を刺したりするアレです。

フランス語でポケットのことは「Poche(ポッシュ)」と言いますが、中でも小さなポケット「Pochette(ポシェット)」のことを言っているんですね。

余談ですが、フランス語では、”ette”が単語の語尾につく場合、その単語の前部分のものよりより小さいもの、を指すことが多いです。noix(ノワ=くるみ)→noisette(ノワゼット=ヘーゼルナッツ)、Casque(カスク=ヘルメット)→Casquette(カスケット=帽子)、Croche(クロッシュ=鐘)→Crochette(クロシェット=鈴)など。

このように、日本で使われているのと違う意味で実際は使われている単語もあるのは興味深いですね!

5.ア・ラ・モード、パフェなど

ア・ラ・モードと聞くと、真っ先に思い浮かぶのは「プリン・ア・ラ・モード」ですよね。

「à la mode(ア・ラ・モード)」は、流行の、という意味で、プリン・ア・ラ・モードは「流行のプリン」という意味になりますが、その姿が全く変わらず、固有名詞として今も使われているというのは不思議ですね。

「パフェ」はフランス語で「Parfait(パッフェ)」、完璧!という意味で、卵や砂糖、生クリームを混ぜて凍らせた冷菓にフルーツやソースを添えた「「Parfait(パッフェ)」というお菓子も存在します。

日本の「パフェ」はそれを進化させ、アイスクリームやプリン、コーンフレークなど「完璧なデザート」という意味で、今も一般的な名称として使われていますよね。


今回は、日本で実際のフランス語とほとんど同じ発音で、普通に使われている(いた)単語を実際の意味や使われ方と一緒にご紹介しました。

紹介したもの以外にも、料理やファッションの用語にはフランス語をそのまま使っているものや、派生したもの、発音が少し変化して使われているものなど、たくさんあります。

普段何気なく使っているカタカナの単語、どこの国の言葉なのかな?って気にしてみると意外な発見があって面白いですよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です