舞台俳優になるにはどうしたらいい?

ドラマや映画で活躍する俳優と、舞台俳優、同じ俳優でも違う世界って感じがします。

芸能界でも、神田沙也加さんとか山崎育三郎さんみたいに、すごく知名度が高いけれど舞台を中心に活動をし続けている方は多いです。

一般的なタレントやアイドル、俳優(女優)だと、例えば街でスカウトをされて読者モデルになったり、小さい頃から劇団に所属して子役として活動しながら成長して俳優になったり・・・、というのが一般的かと思いますが、舞台俳優という風に限って考えると、どういう道を辿るのが一般的なのでしょう?

そういえば、親戚に小さな頃から舞台で活躍している女の子がいます。
かなり全国的にメジャーな舞台にも出演し、立派な舞台女優と言っても過言ではなさそうなので、彼女がどんな感じで今に至るか紹介します。

ダンススクールに通い始める

彼女がまだ2歳くらいのころ。

「何か習い事をさせてみようかな」と思った両親が、近くのダンススクールに通わせることにしたところ、それまで引っ込み思案でおとなしかった女の子が生き生きとダンスを楽しむようになりました。

そのダンススクールはミュージカルに子役を排出したりする、わりとアカデミックなスクールで、オーディションの話などが入ってくるところだったのか、3歳くらいの時にはもうちょっとした子供バックダンサーとしてテレビに単発で出演する、というようなことがありました。

本人の覚えの良さやダンスのうまさに加え、オーディションに参加できるスクールに通っていたのが大きかったのかと思います。

ミュージカルの準主役に抜擢

その後、小学校の間はほとんど毎年のように、ミュージカルに出演していたみたいでした。

アニーのような子供が主役の舞台は、夏休みなど子供の学校が休みの期間に開催されるようになっているみたいで、東京だけでなく大阪などの地方公演にも出演するなど、かなり忙しそうでした。

小学校の間も、ずっと同じダンススクールに所属していて、ダンスとは別に歌やお芝居のレッスンも受けていたようです。

タレントさんやモデルだと、どこかの事務所に所属し、その事務所にオーディションの話が舞い込んでくるのだと思いますが、彼女の場合はそれがダンススクールという感じでしょうか。

出演のギャラとかがどうなっているのかは・・・正直全く分かりません。どうなんでしょうね・・・。

小学校卒業を機に一旦活動休止

メジャーなミュージカルに、主役や準主役クラスで何度も出演していた親戚の女の子。

これからさぞかし有名な事務所にでも所属して、モデルか女優かの活動を続けていくのかな・・・と思っていましたが、両親の意向もあってか、小学校卒業を機に一旦活動を休止しました。

小学校の間、舞台のお仕事やダンススクールのお稽古、発表会などかなり忙しく過ごしていた彼女。
小学校をお休みしなくてはならないことも多く、周りの子供たちとの意識の違いも生まれてきたようでした。

演技も歌もうまくて、そのまま芸能活動をしても良さそうに側からは思えましたが、親としては一旦学業に戻り、地に足をつけて生活をし、また高校生くらいになってから将来舞台女優になるのか、別の仕事につくのか、考えさせるのも良いと思ったようでした。

小さな時から才能を磨くのが大事

今は一旦ミュージカル女優としての活動を控え、学業に専念している彼女ですが、ダンスや歌のお稽古は続けています。

同じ年代の、何もしてこなかった子供とはダンス、演技、歌唱力、どれをとっても差は歴然。
芸能の世界に入らなくても、すでに花開いた才能を活かせる分野はたくさんあると思います。

元々は、子供の習い事として始めたダンス、本人も楽しみながら才能を磨けたことはとても良かったと思います。
大人になってからミュージカル女優になろうと思ってもなかなか・・・ですもんね・・・。

子供がダンスや歌に向いているんじゃないかと見抜いたのはやっぱり親の力ですね〜、ダンスやお芝居に限らず、自分の子供がどういう分野に向いているのかを早い段階で見抜き、導いてあげるのも親の大切な役割だなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です